臭いの対策

驚いている女の人

わきがの臭いを抑えるためにはどのようにすれば良いのでしょうか。最も手軽に出来る対策として挙げられるのが、身体を清潔に保つことです。
アポクリン汗腺から分泌される成分が雑菌によって分解されることによって嫌な匂いを発生させます。雑菌が発生しないように身体を清潔にすることで、臭いを抑える事ができます。
また、汗と皮脂が混ざることで雑菌の繁殖が促されます。入浴の際に皮脂をしっかり洗い流すこともわきが対策になります。
皮脂をしっかり落とすために、シャワーだけでなく浴槽に浸かるということも必要です。
浴槽につかって汗をしっかりかくことで、毛穴奥の皮脂や老廃物を排出することが出来、清潔にする事ができます。

入浴で汗をかくだけでなく、運動で汗をかく必要もあります。運動によって毛穴の奥の皮脂が流しだされるだけでなく、全身の血行を促進することが出来ます。
全身の血行を促進することによって、体中に十分な酸素が供給されるようになります。それによって、臭い発生の原因となる乳酸が蓄積しなくなります。
乳酸は臭いの原因となるアンモニアなどの成分を発生させます。乳酸の蓄積を防ぐことで、わきがを抑える事ができますので運動は効果的です。
ただし、激しい運動をすると逆に乳酸が溜まってしまいます。軽いウォーキングやランニングなどの有酸素運動を行いましょう。

肉中心の脂っこい食事もわきがの原因となります。脂肪分を多く含む食事を摂ると、身体から分泌される皮脂の量が増えて、わきがの臭いを発生させます。肉中心の食生活を送っている欧米では、なんと70パーセントもの人がわきがと言われています。
脂っこい食事を控えるなどの食生活改善を行うことでわきも有効なわきが対策です。

市販されている制汗スプレーなどを使用するのもよいでしょう。殺菌の効果があるものを使うことで、アポクリン汗の成分を分解する雑菌の繁殖を抑える事ができます。
また、デオドラントシートを活用するのも良いでしょう。朝に入浴して、お昼頃には汗をかき始めてしまいます。
その時に、デオドラントシートで汚れや汗を拭き取ることで臭いを防ぐことが出来ます。