臭いの原因

水着に着替える

わきから嫌な臭いを発するわきがですが、どのようなことが原因で臭いを発するようになるのでしょうか。
わきから発せられる臭いの元となっているのは、汗です。気温が高い時や、身体を激しく動かした時などは身体の体温が上昇します。体温が上昇すると、皮膚にある汗腺から汗が分泌されます。
皮膚の表面に汗が分泌されると、身体の体温を低下させる事ができます。上昇しすぎた体温を調節する機能を担っているのが、汗です。
では、この汗がどのようにして臭いを発するようになるのでしょうか。

汗自体に臭いがついているという印象を持っている人も多くいますが、それは間違いです。汗そのものは臭いがありません。
汗腺からは汗以外にも様々な成分が分泌されます。その成分と、皮脂が混ざり合い、さらに雑菌が繁殖してしまう時に発生する臭いがわきがの原因となります。

汗腺には大きく分けて二種類あります。アポクリン汗腺と、エクリン汗腺です。直接わきがの原因となるのが、アポクリン汗腺と呼ばれる汗腺です。
アポクリン汗腺から分泌される汗はアポクリン汗と呼ばれます。アポクリン腺は、タンパク質などの成分が豊富に含まれています。
このタンパク質などの成分を、皮膚にいるブドウ球菌などの雑菌が分解を行います。ブドウ球菌が分解を行った際にタンパク質が酸化されて、独特な臭いを放つようになります。
エクリン腺のほとんどが水分で、他の成分は含まれていません。その為、直接わきがの臭いを作っているわけではありません。
しかし、エクリン腺が分泌されて湿度が高まることによって、皮膚常在菌が繁殖しやすくなってしまし、アポクリン汗の成分分解が活発化されます。
また、エクリン腺から分泌された汗が蒸発する際に、アポクリン汗が分解されたわきがの臭いを空気中に放つようになります。
アポクリン汗と皮膚常在菌によって発生したわきがの臭いを、エクリン腺から分泌された汗が拡散させていると考えると分かりやすいかもしれません。
わきがの原因を把握することで、対策を練る事ができます。