わきが治療

喜びを表現する

わきがの対策を行っていても、なかなか臭いを抑える事ができないということもあります。
そのような場合は、病院で治療を行う事もできます。病院で行われるわきが治療とはどのようなものでしょうか。
軽度のわきがであれば、飲み薬や塗り薬での治療となります。塗り薬で代表的なのが、オドレミンという制汗剤です。塩化アルミニウムという成分が含まれた液体で、制汗効果があります。
飲み薬であれば、プロバンサインという内服薬があります。汗の分泌を抑える効果があります。保険の適用が認められているため、出費を抑えながら治療を行うことが出来ます。
口や目が乾き、尿の排出が妨げられるという副作用がありますので、医師と相談しながら服用しましょう。

塗り薬や飲み薬で、満足行く結果が得られなかった場合は注射などの治療もあります。
わきが治療として行われる注射は、ボトックス注射と呼ばれるものです。ボトックス注射とは、ボツリヌス菌と呼ばれる最近が含まれた注射です。
発汗の際には、汗を出す伝達物質が分泌されます。ボトックス注射は、この発汗の伝達物質の働きを抑えるという効果があります。
それによって、発汗量を抑えてわきがの臭いを抑えることができます。

薬や注射などでも治療ができなかった場合は、手術という選択肢もあります。わきがの手術は、ワキの皮下にあるアポクリン汗腺を取り除くというものです。
手術といっても様々なものがあります。最も効果が高いのは、ワキの下にメスを入れて直接アポクリン汗腺を取り除いていくという剪除法という手術方法です。
アポクリン汗腺を多く除去出来ますが、医師の抱合技術によっては傷跡が残る場合もあります。また、メスを入れるのでダウンタイムも比較的長いです。
メスを入れずに、細い管を入れてアポクリン汗腺はを吸引するという皮下組織吸引法といった方法もあります。アポクリン汗腺の完全除去はこんなんですが、手術跡が目立たず、ダウンタイムも短いです。
他にも様々なわきが手術がありますので、メリットデメリットを踏まえた上で自分に合う手術方法を選択しましょう。